So-net無料ブログ作成

ウルフマン [タイトル:ア行]

The Wolfman (2010年)
監督:ジョー・ジョンストン
出演:ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント、ヒューゴ・ウィーヴィング
wolfman_2.jpgwolfman.jpg
1941年作のホラー映画「狼男」のリメイクで、19世紀末のイギリスを舞台に、失踪した兄の捜索の為、久しぶりに帰郷した舞台役者の呪われた宿命を描く。
シャーロック・ホームズ」と同様に、冒頭から、この時代、この地域特有の、ただならぬ出来事を予感させる雰囲気が漂い、観客を古典の世界へ誘う。
一番の見所とも言える狼男の造形もCGに頼りきることなく、職人リック・ベイカーによる俳優の面影を残した昔ながらのメイクがそれを後押しする。
そして、この時代の作品には欠かせないコルセット美女を演じるE・ブラントは青い瞳が青のドレスに映え、一服の清涼剤という感じで、3人の強面俳優に囲まれての紅一点という役割を全うしていて良かった。また、強面俳優達の存在感溢れる演技については、改めて言うまでもない。
オスカー俳優共演作の割にドラマ部分が淡白なのは否めないが、あくまでホラー映画なのだから、エンターテイメントに徹したと考えれば、たいして気にもならず、個人的には満足のいく作品であった。

西洋の2大人気モンスターの吸血鬼と狼男は、今後も様々な形の作品でお目見えすることになると思うが、やはり本作のような古典的スタイルははずせない。


nice!(16)  コメント(10)  トラックバック(25) 
共通テーマ:映画

nice! 16

コメント 10

もももんがが

まだ見ていないのですが予告で
「これは無いだろう」
と思っていました。でもhashさんの

>あくまでホラー映画なのだから、エンターテイメントに徹したと考えれば

で、見たくなりました^^
デルトロの巨男狼、楽しみです。
by もももんがが (2010-05-12 15:03) 

aneurysm

>オスカー俳優共演作の割にドラマ部分が淡白

主役級が数人居るんで、私も期待しました。
海外で発売されてるDVDは10分少々長いVerが
入ってるみたいです。
ちょっと気になります。


by aneurysm (2010-05-12 20:11) 

てくてく

こんばんは^^
古典的ホラーでしたね~。
雰囲気があって良かったです。
狼男の変身シーンは“来た来た~^^”って感じでした。
なかなか面白かった!
by てくてく (2010-05-12 22:44) 

hash

もももんががさん、こんばんは。
モンスター系映画が嫌いでなければ、それなりに楽しめると思います。
B・デルトロは狼男が似合っていました。^^
by hash (2010-05-13 23:40) 

hash

aneurysmさん、こんばんは。
公開延期をして、撮り直し、再編集したらしいですから、全く違う雰囲気のバージョンがあるのかもしれませんね。
by hash (2010-05-13 23:42) 

hash

てくてくさん、こんばんは。
古典の雰囲気が楽しめる作品でしたね。
変身シーンも良かったです。
by hash (2010-05-13 23:45) 

テンプラ・ソバ・ニーロ

>古典の世界
を知れたのは良かったですが、どこか物足りなく思える所も有りました。
その分エミリー・ブラントのコルセット美女っぷりに大満足です。
by テンプラ・ソバ・ニーロ (2010-05-14 19:15) 

hash

テンプラ・ソバ・ニーロさん、こんばんは。
イギリスの女優は古典の世界が似合います。
E・ブラントは今後の活躍に期待が持てますね。
by hash (2010-05-15 01:58) 

duke

試写会を申し込んだときの企画がおふざけだったので、もっと軽いものかと思ってました。映像もきれいですね。
by duke (2010-05-15 18:06) 

hash

dukeさん、こんばんは。
古典とは言え、狼男ですから、軽いと言えば、軽いです。^^
ストーリーより雰囲気を楽しむ映画だと思います。
by hash (2010-05-16 00:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 25