So-net無料ブログ作成

バッド・ルーテナント [タイトル:ハ行]

The Bad Lieutenant: Port of Call - New Orleans (2009年)
監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
出演:ニコラス・ケイジ、エヴァ・メンデス、アルヴィン・“イグジビット”・ジョイナー
badlieutenant.jpgbadlieutenant.jpg
92年作「バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト」のリメイクで、ニューオリンズを舞台に麻薬中毒の刑事がアフリカ系不法移民一家殺害事件の犯人を追うが・・・というお話。
警部補に昇進し、事件の指揮を任された主人公だが、重要証人に逃げられた挙句、違法捜査で訴えられ、停職になる始末。また、私生活では、証拠保管庫から麻薬をくすね、ギャンブルの借金はかさみ、娼婦の恋人のトラブルに巻き込まれるなど、最悪の状況であった。
オリジナルは観たことがないので、堕落した男の行末を描いた悲劇かと思っていたら、数々の問題は都合よく好転していき、事件も解決し、また昇進という結末で、なんのことはない90年代によく見かけたQ・タランティーノ・テイストのクライム・コメディだった。
タイトルは「悪徳刑事」ではなく「駄目刑事」という意味だとわかっていれば、もっと楽しめたと思うが、いずれにせよ、十数年の間隔でリメイクするような話とは思えず、そもそも本当にリメイクなのだろうかと疑問が浮かぶ。
ダーティハリーばりに44マグナムを手にしながらも、一発も撃つことは無く、西部劇の主人公のようにベルトに挿している主人公は漫画以外の何者でもなく、アメコミ大好きなN・ケイジがいかにも好きそうなキャラクターであり、演技というより、実際の本人そのものに違いない。
そんなN・ケイジ以上に気になったのは、3番目にクレジットされているのに、最初と最後しか出番のない端役に過ぎなかったヴァル・キルマーで、しばらく見ない間にまた随分と肥えていた。
nice!(16)  コメント(8)  トラックバック(9) 

nice! 16

コメント 8

ちょいとおまえ

>「悪徳刑事」ではなく「駄目刑事」
本当、その通りでした。イグアナの幻覚見ちゃうし。

>クライム・コメディ
そうだったんですね。だからマグナムをベルトに挿しているのも笑っていいんですね。

ヴァル・キルマーは『キスキス,バンバン』でロバート・ダウニー・Jrと競演していて、ダウニー・Jrはそれ以降復活していまやトップスターで、ヴァル・キルマーは更にB級路線を突き進む事になっているのが何か切なさを感じさせます。
by ちょいとおまえ (2010-03-15 20:16) 

コッスン

hashさん。コメディだなんて・・・(笑)
でも、随所に笑えた。
一番、ずっこけたのは
ドアの影から電気ひげそりでガーガーやって
登場し、挙句に「お前らがこの国を悪くしてる」という逆切れのシーンです。
あー、おかしい。

タイトルはバッド・ルーテナントだから
まんま、ダメな警部補ですよ。



by コッスン (2010-03-15 21:31) 

おぉ!次郎

肥えたヴァル・キルマーも観て見たいです。

by おぉ!次郎 (2010-03-15 22:41) 

hash

ちょいとおまえさん、こんばんは。
イグアナは結構、面白かったです。
その他の部分も含めて、笑って観る映画だと思います。^^
>V・キルマー
元バットマンですからねぇ。切ないです。
by hash (2010-03-17 00:59) 

hash

コッスンさん、こんばんは。
コメディであると認識して観れば、もっと楽しめたと思われ、悔しい気もします。^^

by hash (2010-03-17 01:01) 

hash

おぉ!次郎さん、こんばんは。
本作では出番は少ないので、他の作品の方がいいかもしれません。^^
by hash (2010-03-17 01:02) 

丹下段平

もし日本の話だったら笑えないですよね。
それにしてもこんなにクスリに手を出す人が多いんだろうか…って映画でした。Nケイジの当たり役?
by 丹下段平 (2010-03-17 21:00) 

hash

丹下段平さん、こんばんは。
日本でも薬物汚染は拡がっているようですから、ありえない話でもないですね。
N・ケイジ破産とのニュースを聞くと、かなり地に近い役柄だったのではないかと邪推してしまいます。
by hash (2010-03-18 22:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9