So-net無料ブログ作成

サンシャイン・クリーニング [タイトル:サ行]

Sunshine Cleaning (2008年)
監督:クリスティン・ジェフズ
出演:エイミー・アダムス、エミリー・ブラント、アラン・アーキン、ジェイソン・スペヴァック
sunshinecleaning_2.jpgsunshinecleaning.jpg
事件現場清掃の仕事を始めた姉妹の姿を悲喜こもごもに描くファミリー・ドラマ。
それぞれ悩みを内に秘める姉妹が一緒に働くことになり、時に対立しながらも互いを尊重し合い、現状を打破すべく、新しい人生を歩み始めるまでをコミカルな描写を交えながら描く。
リトル・ミス・サンシャイン」チームが再び集結とあるが、監督や脚本は別人なせいか、展開に大雑把なところがあり、同作ほどの優れた出来栄えとは言えないが、地味ながらも、心温まるいいお話になっている。
特にキャストの好演が光っており、最近、よく名前を聞くA・アダムス(意外にキャリアは長い)、これから名前を聞く機会が増えそうなE・ブラント(意外に若い。「プラダを着た悪魔」で共演のアン・ハサウェイより年下)、改めて言うまでもない大御所A・アーキン、そして子役や脇役も皆、存在感のある演技を見せており、作品を印象深いものにしている。

アメリカの片田舎で、限られた選択肢の中で暮らす者達を描いた作品はインディペンデント映画に多い。不満だらけの現状を打破したいけど、その方法がわからない、そのきっかけが見つからない。そんな姿を見ると、アメリカも日本もあまり変わらないなと感じ、日常とはかけ離れた世界を描くメジャー作品とは違った面白みが味わえる。
nice!(10)  コメント(14)  トラックバック(15) 
共通テーマ:映画

nice! 10

コメント 14

丹下段平

ハリウッド製とは違い、インディペンデントの作品は見所が多いですね。そんなスタンスも身近に感じられるところなのでしょうか。
役者が皆適役で、それも作品を一段持ち上げていました。
by 丹下段平 (2009-08-03 01:29) 

aneurysm

>「リトル・ミス・サンシャイン」チームが再び集結

私も釣られました。
by aneurysm (2009-08-03 08:03) 

ちょいとおまえ

まだ観ていませんが早く観たくなってきました。
ポスターでは日本版だとアットホームなコメディ。アメリカ版だとシニカルなコメディ。の印象ですがどちらでしょう?と言うかコメディでは無いのでしょうか?
by ちょいとおまえ (2009-08-03 20:47) 

hash

丹下段平さん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
キャストの好演が光っていましたね。
普段、メジャー系の作品ばかり観ているので、たまにこういうのを観るとホットします。^^
by hash (2009-08-04 00:20) 

hash

aneurysmさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
このプロデューサーは「エターナル・サンシャイン」も作っていて、よほど、サンシャインが好きなんですね。
by hash (2009-08-04 00:22) 

hash

ちょいとおまえさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
シニカルなコメディかと思っていたら、アットホームなコメディでした。
というか、コメディタッチのドラマでした。
by hash (2009-08-04 00:24) 

クリス

そうなんですよね。「リトルミス~」がそのまま揃ったわけじゃなかったというのは、ちょっとだまされた感じがしましたが、これはこれ、小粒な良作だったかなと思いました。
by クリス (2009-08-04 07:03) 

hash

クリスさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
>「リトル・ミス・サンシャイン」チームが再び集結
この宣伝文句はアメリカでも使っていたようなので仕方ないかと納得しました。作品自体もなかなか良かったですし。^^
by hash (2009-08-04 21:16) 

duke

等身大の映画がいいですよね。たぶん、今のアメリカは、理想と現実のギャップが大きいと思うので、素直な映画が見たいです。最近の注目の人がわからなくなってきちゃった。。学習せねば・・・。
by duke (2009-08-08 19:26) 

hash

dukeさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
>素直な映画が見たいです
ぜひ、本作をご覧下さい。
by hash (2009-08-10 00:24) 

ちょいとおまえ

こんばんは。観ました。
コメディじゃなかったですね。仰るとおりコメディタッチのドラマでした。
姉妹の置かれている状況からすると暗く重い話しにもなりそうですが、前向きな作品で良かったです。
by ちょいとおまえ (2009-08-10 21:22) 

hash

ちょいとおまえさん、こんばんは。
素晴らしいとまでは言いませんが、なかなか良い作品でしたね。
by hash (2009-08-11 00:10) 

オカピー

弊記事までTB&コメント有難うございました。

>同作ほどの優れた出来栄えとは言えない
そう思います。
起業→廃業→起業といった辺りの展開は相当ラフでしたね。

しかし、コミカルとペーソスの扱いが韓国映画とは対照的にさらりとしていて、非常に後味の良い作品でした。
気に入ったので、ブルーレイ・ディスクに保存しようかなと思っています。
by オカピー (2010-08-20 23:28) 

hash

オカピーさん、こんばんは。
特に優れたところがあるわけではないですが、何度も観たくなる不思議な魅力に満ちた作品ですね。
現場清掃という非日常的な題材と家族の絆というアメリカ映画の永遠のテーマの対比が好印象の一因ではないかと思います。
by hash (2010-08-22 22:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 15