So-net無料ブログ作成

ザ・バンク 堕ちた巨像 [タイトル:サ行]

The International (2009年)
監督:トム・ティクバ
出演:クライブ・オーウェン、ナオミ・ワッツ、アーミン・ミュラー・スタール
international.jpginternational.jpg
国際銀行の悪事を暴こうとするインターポール捜査官の活躍を描くサスペンス・アクション
ドイツ、フランス、アメリカ、イタリア、トルコと世界各地を舞台に、度重なる妨害にも負けず、巨大な敵に挑む頑なな意志を持った主人公の姿をハードボイルドタッチで描いており、昔の映画を観ているような懐かしい楽しさがある。
パフューム」で原作の不可解さをストレートに表現したT・ティクバ監督は、本作でも最近流行りの変な手法を取ることもなく、非常にわかりやすいストレートな演出を見せており、暗殺シーンなどでのスリルを盛り上げている。また、最大の見せ場と言えるグッゲンハイム美術館での銃撃戦は迫力満点で、大きなスクリーンで観る醍醐味が味わえる。
そして、銀行が軍や武器商人との取引を通じて、世界各地の紛争に関与しているという内容は衝撃的でフィクションとは簡単に片付けられない興味深さがあり、本編の内容とは関係なく、アフリカ某国の紛争への関与を描いているところからも、かなり事実に近いのだろうと思われる。
結局、法の範囲内では巧妙に立ち回る銀行家も、法の外では全く無力で、一番敵に回してはならないのは司法権力ではなく・・・というオチも面白い。
最近は金融会社の経営陣のモラルの低さが話題になっているだけに、とてもタイムリーな作品だと思うが、あまり注目されていないのが残念である。


nice!(8)  コメント(22)  トラックバック(15) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 22

duke

サスペンスアクションものは、冷戦終了後は北朝鮮・ミャンマーとネタを変え、いよいよ国際企業の悪事に目を付けたのでしょうか。たとえ映画でも真実に肉薄してモラルを問いて欲しいものです。
あ、ロックンローラの人だ。。。って違うヨーー!!(^_^;
by duke (2009-04-20 00:44) 

hash

dukeさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
「ナイロビの蜂」と通じる所があって、興味深いものがありました。
ロックンローラの人と違うオーウェンさんとは、来月「デュプリシティ」で、また会う予定です。^^
by hash (2009-04-20 01:09) 

ひろくん

今年前半一番の期待作でしたがラストが....
hashさんの様に受取れれば良かったのですが^_^;

実在の銀行をモデルにしているそうで、
そう考えると恐ろしいですね。

でもクライヴ・オーウェンはカッコよかったです。
デュプリシティはどうなんでしょうか?
最近よく観るポール・ジアマッティも出てますね。
by ひろくん (2009-04-20 13:09) 

ヂュヌヴィエーヴ・F・ビヂョンド

こんばんは。
単純にサスペンス映画として楽しめました。
あまり注目され無いままひっそりと上映終了になりそうで本当に残念です。
by ヂュヌヴィエーヴ・F・ビヂョンド (2009-04-20 22:04) 

Yakoha

こんにちは。金曜日に観て来ました。
面白かったんですが・・・クライヴ・オーウェンの行く末が気にかかります。
銃撃戦はスゴイ迫力でしたねー。
by Yakoha (2009-04-20 22:49) 

hash

ひろくんさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
駄目でしたか?^^
「デュプリシティ」はきっと面白いと思います。
by hash (2009-04-20 23:33) 

hash

ヂュヌヴィエーヴ・F・ビヂョンドさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
最近は、こういう正統派サスペンスは流行らないですね。
残念です。
by hash (2009-04-20 23:35) 

hash

Yakohaさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
C・オーウェンは6代目007を蹴った割には、007っぽい役(パロディ的なのも含めて)を好んで演じているような気がします。^^
by hash (2009-04-20 23:37) 

Yakoha

えっ!007を蹴ったんですね~!それは知りませんでした・・・。
もったいない気もしますが、個人的にはチョットイメージが違う感じもします・・・。もう少しブリティッシュな人がいいのかなぁ?
by Yakoha (2009-04-20 23:52) 

non_0101

こんばんは。
グッゲンハイム美術館のシーンはびっくりでした~
どうやって撮ったのだろうと気になってしまいました(^^ゞ
“借金で支配する”という思考が怖かったです。
そのために相手が欲しがるものを…というのが武器だなんて(T_T)
by non_0101 (2009-04-21 00:02) 

hash

Yakohaさん、こんばんは。
C・オーウェンは、6代目007の最有力候補だったが本人が興味がないと断ったらしいです。
本作はインターポールをMI6に変えれば、007として通用する気がします。^^
by hash (2009-04-21 00:16) 

hash

non_0101さん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
>美術館のシーン
他の方のブログによると、6週間かけてセットを作ったらしいです。
>借金で支配する
恐ろしい世界ですね。
by hash (2009-04-21 00:21) 

ひろくん

hashさん、こんにちは。
「駄目」までいかないんですが期待が大きかっただけに...。
でも題材とかキャスティングとかは最高でした。
もう一度観れば違った感想になるかもしれません。
by ひろくん (2009-04-21 12:44) 

masktopia

切れのいいテンポとアクションが堂に入った作品でしたが、
フィクションがフィクションでなかったと知って驚きました。
クライブ・オーウェンがはまり役だったと思います。

by masktopia (2009-04-21 16:11) 

hash

ひろくんさん、こんばんは。
タイムリーな題材&ナイスなキャスティングでしたね。
2度観ると、違った感想になることもありますから、機会があればご覧下さい。
by hash (2009-04-21 23:22) 

hash

masktopiaさん、こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。
映画らしい映画という感じで面白かったですね。
尚且つ、事実に近いフィクションということで面白さが増しました。
by hash (2009-04-21 23:30) 

aneurysm

今日見てきました。銃撃戦が良かったです。後半は確かにリアルと取れば
あれですが、もう一押し欲しかったです。
by aneurysm (2009-04-29 22:00) 

hash

aneurysmさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
私的には、充分、満足できる内容でした。^^
by hash (2009-04-30 00:36) 

てくてく

なかなか面白い作品でした。
そうですよね、今風の変なヒネリなど加えて無かった。
硬派な作品だと思います。
映画館で観たかったな~^^

by てくてく (2010-03-08 01:11) 

hash

てくてくさん、こんばんは。
硬派でしたね。
今風が悪いわけではないですが、こういうストレートな演出はやはりうれしいです。
by hash (2010-03-09 21:48) 

オカピー

弊記事までTB有難うございました。

>ハードボイルドタッチで・・・昔の映画を観ているような
同意。70年代の味でしょう。

>わかりやすいストレートな演出
イエス。直球でしたね。

>銃撃戦は迫力満点
思ったほどではない・・・というご意見の人がいますが、恐らくワイヤーで空を飛んだり、CGやコンピューター処理で実際にはできない行為を見せるのが迫力と思っている人が多くなったのではないかと危惧しております。
逆に、スローなワイヤー・アクションのどこに迫力があるのか僕は疑問なのですが。^^;
by オカピー (2010-05-17 22:53) 

hash

オカピーさん、こんばんは。
昔ながらのスタイルでも面白い映画は作れると証明した作品ですね。
とは言え、あまり話題にならなかったところを見ると、仰るように、最近のCG映画しか知らない人には違う印象なのでしょう。
技術の進歩は歓迎ですが、結局は使う人次第ですね。
CGを多用しても、ひどい出来の作品もありますから・・・

by hash (2010-05-17 23:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 15