So-net無料ブログ作成

マイ・ブルーベリー・ナイツ [タイトル:マ行]

My Blueberry Nights (2007年)
監督:ウォン・カーウァイ
出演:ノラ・ジョーンズ、ジュード・ロウ、レイチェル・ワイズ、ナタリー・ポートマン
blueberry.jpgmyblueberrynights.jpg
失恋した女性がアメリカ各地を転々としながら、出会った人々を通して人生の再出発を計る物語。
起承転結を絵に描いたような構成で、「承」(NY~ネテシー)までは、愛する者に去られた人達の葛藤が描かれ、少々、鬱陶しく感じるのだが、N・ポートマンが登場する「転」(アリゾナ&ネバダ)から、意外性が出てきて話が面白くなってくる。
その「転」の最後で、「人は鏡のようなもの」というヒロインの独白があり、「こうなりたいと思う者もいれば、その逆もあり、人との出会いを通して自己が形成されていく」という映画のテーマが明らかになり、「反面教師」を座右の銘とする者として共感を覚える。
W・カーウェイ作品の鑑賞は久しぶりで、撮影は盟友クリストファー・ドイルではなかったが、彼のスタイルを継承したのか、相変わらず美しい映像だった。
本職はジャズ・シンガーのN・ジョーンズも、自然体の演技でなかなか良かった。

余談
アメリカのダイナーが舞台となると必ずパイが出てきて、とても美味しそうに見えるが、実際に食べてみると、甘すぎて、イマイチだったりする。
nice!(7)  コメント(12)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 12

KLY

こんばんは^^
何時もTBありがとうございます。こちらからso-netさんにはTBが飛ばない
ようで、いつもROMでスイマセン^^;

この作品、私のお気に入りの一作です。元々ナタリー・ポートマン目当て
で観たんですが、その雰囲気に魅せられました。(笑)
ダイナーのチェリーパイは昔大好きだった『ツイン・ピークス』を思わせる
んですが、甘すぎるんですか~。見た目ではもっと酸味が強いのを想像
してました^^;

ノラ・ジョーンズが口元にクリームをつけたまま寝ているシーンが何とも
いえず印象的で大好きです。^^
by KLY (2009-04-11 01:19) 

duke

観た映画が続いて嬉しいな^^
観てる時は楽しく見てましたが、あまり話を覚えていなくて、まぁ、なんというか、「そうですか」って印象です。でも落ち込まずに旅に出て色々経験する姿勢は好きだし映像がきれいでした。と、書いていたら思い出してきました。アル中のおじさんとかいましたね。
確かに、おいしそうだけどまずい・・・かも・・。でも、ジュードロウのパイは特別!ということにしておきたい!^^v

by duke (2009-04-11 01:34) 

オカピー

日本で正式に公開されたカーウァイ作品は全て観ていますが、どうも退屈なんですね。
「花様年華」はムードがたまたま僕の琴線に触れて、充実していた印象がある以外は、苦手意識の強い映画作家です。

>撮影は盟友クリストファー・ドイルではなかったが
撮影監督と監督の関係は夫々によって皆違うんでしょうね。
意外なことに、ヒッチコックは撮影監督に指図するだけで、自分では覗かないそうです。

>実際に食べてみると
アメリカでの生活がおありですか?
by オカピー (2009-04-11 03:17) 

コッスン

ノラ・ジョーンズとジュード・ロウで洒落た映画でしたが
ほとんど寝てしまいました。
by コッスン (2009-04-11 20:30) 

hash

KLYさん、こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。
最近のN・ポートマンは女優としての貫禄が出てきましたね。
パイと言えば、「ツインピークス」ですね。
>甘すぎるんですか~
たまたま、私が食べたのが甘かっただけかもしれません。
by hash (2009-04-11 21:32) 

hash

dukeさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
旅しながら働いて、また旅してっていいですよね。
ダラダラと過ごした学生時代を悔やみます。
by hash (2009-04-11 21:36) 

hash

オカピーさん、こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。
>カーウァイ作品
「恋する惑星」と「天使の涙」しか観ていないので、変わってないなという印象でした。
>撮影
撮影も自分でこなす監督もいますし、人それぞれなんですね。
>アメリカでの生活
何度か旅行で行っただけです。
by hash (2009-04-11 21:41) 

hash

コッスンさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
正直、前半はつまらないので、寝てしまっても仕方ないですね。
by hash (2009-04-11 21:42) 

トミュウ

こんばんわ!
これ以前のウォン・カーウァイ作品は結構重厚な雰囲気が多かったので、
スッキリとした感じが久しぶりに新鮮で楽しかった記憶があります。
写真にもあるキスシーン、とっても好きです!
パイは確かに、どれもスゴく甘そうですね・・・。
by トミュウ (2009-04-12 22:43) 

hash

トミュウさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
>ウォン・カーウァイ作品
久しぶりに観たので、変わってないなぁという印象でした。
他の作品も機会があれば、見たいと思います。
by hash (2009-04-13 00:24) 

ヂュヌヴィエーヴ・F・ビヂョンド

こんばんは。
ウォン・カーウァイの作品は観た事がありません。
なのでウォン・カーウァイについても詳しくないのですが、カーウァイとカーウェイどちらが正しいのでしょう?どちらも正しい?

パイと言うと『ミリオンダラー・ベイビー』のレモンパイを思い出します。
ブルーベリーパイやアップルパイは想像がつくのですが、レモンパイは今イチ想像がつかないので、是非1回は食べてみたいと思っています。

by ヂュヌヴィエーヴ・F・ビヂョンド (2009-04-14 00:11) 

hash

ヂュヌヴィエーヴ・F・ビヂョンドさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
Kar Waiですから、カーウァイが正解で、発音しにくいから、言葉に出すとカーウェイになってしまうのだと思います。
>レモンパイ
これは甘過ぎるということはなさそうですね。
by hash (2009-04-14 00:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3