So-net無料ブログ作成

オーストラリア [タイトル:ア行]

Australia (2008年)
監督:バズ・ラーマン
出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブランドン・ウォルターズ
australia_2.jpgaustralia_1.jpg
第二次世界大戦前、オーストラリアにやって来たイギリス人女性が現地のカウボーイや先住民の少年らとの交流を通して、人生を変える物語。
前半は亡き夫の意志を継ぎ、1,500頭の牛を引き連れて大陸を移動する模様を西部劇調で、後半は戦火の迫るダーウィンで離れ離れになっていた3人が再会するまでを戦争映画風に描く。
良く言えば、サービス精神旺盛で飽きることのない映画だが、悪く言えば、2本の話を強引に1本にまとめたような感じで、165分もの長尺なのに物足りなさだけが残る。
オーストラリアの歴史を語る上で不可欠と思われるアボリジニ問題(Stolen Children)を取り上げた点は興味深いので、前半の話をもっと詳しく、ドラマティックに描けば充分で、後半は必要ないと思う。その前半も、せっかく、オーストラリアの大自然を舞台にしているのに、背景はCGやセットが多く、非常にもったいない。
端的に言うと、オーストラリア人によるオーストラリア人の為のオーストラリア映画といった感じで、他国の人にとっては、オーストラリアのPRにもなっていないように思う。
nice!(5)  コメント(12)  トラックバック(26) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 12

ミスターシネマ

hashさん、こんばんは。
ミスターシネマと申します。

トラックバックありがとうございました!
自身のブログにも書きましたが、あれもこれもと話を詰めすぎている感じがあり、「ここで終われば良いのに…」と思った後も、中盤以降は疲れてしまう人もいるかもしれませんね。
もう少しシーンを削っても不自然ではなかったと思います。

僕が何気に一番気になったのは、アボリジニのまじない師のキング・ジョージですね。
ナラのおじいちゃんにあたるわけですが、一番目立ってた気がします(笑)

また時間の空いたときなどに僕のブログに遊びに来てください♪
by ミスターシネマ (2009-03-10 23:55) 

クリス

そうなんですよね。
長かった割に余り残らない作品でした。
後半は確かにいらなかったかも。
ただ、ヒュー・ジャックマンを100倍見直しました!
by クリス (2009-03-11 23:35) 

hash

ミスターシネマさん、こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。
もう少しテーマを絞って、深く描いて欲しかったですね。
確かにキング・ジョージが一番印象的でした。(笑)
by hash (2009-03-12 00:16) 

hash

クリスさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
退屈はしないのに、印象にも残らないという不思議な作品でした。
H・ジャックマンはオスカーの司会で見直しました。(笑)
by hash (2009-03-12 00:18) 

u4

本作観ていませんが、hashさんの記事を読んでいて風と共に去りぬ的な映画なのかな?などと思いました。
オーストラリア出身のハリウッドスターが増えてきており、やはり言葉がそのまま通じるというのはショービジネス界で大きいなと思います。
日本の素晴らしいエンターテイナーがなかなか海外(アジア外)に進出できないのは、やはり言葉の壁ですね。
by u4 (2009-03-14 14:57) 

hash

u4さん、こんばんは。
監督も「風と共に去りぬ」を目指したみたいなことを言ってましたから、そうなのだと思います。
>言葉の壁
そうなんでしょうね。
今日、「DRAGONBALL」を観て、それは感じました。

by hash (2009-03-14 22:32) 

となひょう

こんにちは。
TBありがとうございました。
何故だか、こちらからTB送信できないのでコメントです。
何か残念でしたね。
つまらなかったとは言わないけれど、いま一つまとまっていないような気も。
描きたいことが多過ぎちゃったんですかね。
私は、1週間後には余り覚えていない始末。
凱旋上映した『つみきのいえ』を見たら、もの凄い気に入ったので。
そちらの方で頭が一杯になりました。
by となひょう (2009-03-15 09:51) 

hash

となひょうさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
TBも頂いております。
どうせなら、「レッドクリフ」や「チェ」に倣って、2部作にして分けてしまえばよかったのにと思います。
『つみきのいえ』はオスカー獲得しただけのことはある良質の作品のようですね。
by hash (2009-03-15 23:56) 

てくてく

こんにちは^^
今日観てきました~。
ボリューム満点でしたね^^
前半の牛追いの話はとても面白く観ました。
確かに後半はちょっと長く感じてしまったかも?
オーストラリアの自然は息を呑む美しさだったので、
前半をもう少し膨らまして、後半バッサリ・・・でも良かったかも。
でも美男美女カップル、絵になりますね^^
by てくてく (2009-03-18 17:41) 

hash

てくてくさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
前半の大陸移動をもっと詳しく観たかったですね。
>絵になりますね
そうですね。オージーカップルは見栄えがしました。
そんな中、H・ジャックマンのPVではないかと思うようなショットがいくつかあり、つい笑ってしまいました。
by hash (2009-03-18 22:19) 

ヂュヌヴィエーヴ・F・ビヂョンド

こんばんは。
確かに前半だけでも良かったような。
この間東京マラソンを間近で見る機会が有りましたが、その時この映画の牛追いや、『ダンス・ウィズ・ウルブズ』のバッファロー狩りを思い出しました。
おびただしい大群が移動し続ける様を生で初めて見ましたが壮観でした。
人じゃなくて牛の方がもっと迫力があるのかと思います。そういったオーストラリアの大自然を描く映画な方が良かったような。
by ヂュヌヴィエーヴ・F・ビヂョンド (2009-03-25 21:35) 

hash

ヂュヌヴィエーヴ・F・ビヂョンドさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
東京マラソンは盛り上がっていましたね。
皆が全速力で走り出したら、牛追いにも負けない迫力がありそうです。
映画は大雑把な感じが残念でしたが、それがバズ・ラーマンらしいのかもしれませんね。
by hash (2009-03-26 00:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 26