So-net無料ブログ作成

ディファイアンス [タイトル:タ行]

Defiance (2008年)
監督:エドワード・ズウィック
出演:ダニエル・クレイグ、リーヴ・シュレイバー、ジェイミー・ベル
defiance.jpgdefiance_1.jpg
第2次世界大戦中、ベラルーシの山中でナチスの迫害から逃げてきたユダヤ人を匿った兄弟の姿を実話に基づいて描く。
長男トゥヴィアは、ナチスの追跡から逃れながら山中を転々としつつも、形成されたコミュニティのリーダーとなり、三男アザエルは彼を支え、激励する。次男ズシュは、ナチスへの復讐の為、兄達の元を離れソ連軍と行動を共にするが最後は兄弟の元に戻ってくる。それぞれ考え方は異なる兄弟だが、同胞の為という同じ信念に基づいて行動する姿が熱く描かれる。
ブラッド・ダイヤモンド」の監督だけに、社会派映画のような硬い作りにはなっておらず、戦争アクション映画のような作りなので、肩を凝らすことなく見ていられる。
そんな中でも、ナチスの蛮行だけでなく、兄弟達がナチスに協力した村民を殺害したり、捕らえたドイツ兵を皆でリンチしたりするシーンや、コミュニティ内での食料を巡るいざこざなどを描くことで、善悪の問題ではなく、戦争は人を変えてしまうというそれが招く悲劇を訴えってくる。
また、半世紀以上も前の話だが、民族の虐殺や弾圧という愚かな行為は、現代でも行なわれており、先の大戦から何も学んでいない人類への批判が垣間見える。
当時はソ連に属していた小国の出来事を、アメリカ映画で知るというのも奇妙な話だが、そうでもなければ、一生知ることがないというのが現実だけに、映画は素晴らしいと改めて思う。
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(8) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 6

duke

だいたい戦争自体が国が人殺しを強要する恐ろしい事なので・・。
状況によって人はどんどん残虐になっていくんでしょうかねぇ(・_・
事実は語り伝えていかなければいけないと思います。
by duke (2009-02-24 12:44) 

丹下段平

ノーマークの映画でしたが、観てみようかと思いました。
by 丹下段平 (2009-02-24 19:16) 

hash

DSilberlingさん、こんばんは。
nice! ありがとうございました。
by hash (2009-02-25 00:33) 

hash

dukeさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
戦争がないに越したことはないですが、人類が存続する限り、決して無くなることはないでしょうから、その愚かさを語り伝えていくことは大事ですね。
by hash (2009-02-25 00:38) 

hash

丹下段平さん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
こんな事があったと知るだけでも、観て損のない映画かと思います。
by hash (2009-02-25 00:40) 

hash

地蔵さん、こんばんは。
nice! ありがとうございました。
by hash (2009-03-05 00:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 8