So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 [タイトル:ハ行]

The Mummy: Tomb of the Dragon Emperor (2008年)
監督:ロブ・コーエン
出演:ブレンダン・フレイザー、ジェット・リー、マリア・ベロ、ジョン・ハナ
mummy3_a.jpgmummy3_b.jpg
元傭兵と考古学者のコンビが、蘇らせてしまったミイラと戦う冒険活劇のシリーズ第3弾。
今回は、ムジャヒディン戦士を味方として登場させられなくなったという裏事情もあり、舞台を中国に移し、2人の成長した息子がミイラを掘り起こしてしまい、家族総出でミイラ退治をすることになる。
舞台がエジプトから中国に移ったことで、邦題のハムナプトラが全く関係なくなってしまったが、さすがに今更「マミー」というタイトルでは公開しづらいだろうからご愛嬌といったところか。
舞台は変われど、基本的にやっていることは前2作と変わりなく、その前2作を含む他の映画で観たことあるようなシーンが終始続くものの、お約束通りの展開と思えば、充分に楽しめるストーリーになっている。
その一方で、J・リーやミシェル・ヨーが出演しているので、米中アクション映画の融合といった感じを期待していたアクションシーンは、CG中心の大げさな作りになっており、舞台を中国に移した利点を活かせていない。ミイラ役のJ・リーがほとんどCGなのは仕方ないが、復活したとたんにモンスターに変身させるのはもったいなく、しかもすぐに人間の姿に戻ってしまうのであれば、わざわざ変身させる意味はなくCGの無駄遣いという感じ。「ドラゴン・キングダム」のスタッフとは違って、本作のスタッフはJ・リーやM・ヨーに対して単にアジア人俳優という認識しかないのではないかと思う。
更に付け加えるなら、M・ベロが悪いわけではないのだが、エヴリン役やはり、レイチェル・ワイズに演じて欲しかった。
次回は南米を舞台にするつもりらしいが、全米での興行成績はシリーズ3作中最低になりそうなので、実際に作れられるかどうかは微妙なところである。
nice!(4)  コメント(10)  トラックバック(14) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 10

ryoko

はじめまして!
TBありがとうございます。
題名が原題の「マミー」とか「ミイラ」だったら日本では人気が出なかったかもしれませんね。
折角アジアが誇るJ・リーやM・ヨーの出演なのだから、もっと見せ場を作って欲しかったですね。もったいない!
>全米での興行成績はシリーズ3作中最低になりそう・・・
やはりアメリカでは不振だったのですね。納得の結果です。
by ryoko (2008-08-31 21:01) 

バラサ☆バラサ

楽しめる映画なんですけど、アジアの二人の対決シーンが短すぎでした。
その点、期待はずれでした。

日本では、ダークナイトより成績がいいかもしれないなんて、皮肉なもんです。
by バラサ☆バラサ (2008-08-31 22:09) 

duke

そうですね!レイチェルワイズ、みたかったです!
なんだかんだいって面白いと思っているので、これも観たいです^^
by duke (2008-08-31 22:21) 

hash

ryokoさん、こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。
J・リーも本心では出たくなかったのかなと感じてしまう位でしたね。
アメリカでは決して不振というわけではなく、大ヒットとは言えないくらいの成績かと思います。
by hash (2008-09-01 21:33) 

hash

バラサ☆バラサさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
「ダークナイト」より成績がいいとは不思議ですね。
やはり人気タレントによる吹替え版が功を奏したのでしょうか。
by hash (2008-09-01 21:35) 

hash

dukeさん、こんばんは。
レイチェル・ワイズも今やオスカー女優ですから、過去の人気作に頼らなくても、出演オファーがたくさん来るのでしょうね。
キャストのことを気にしなければ、充分楽しめると思いますので、機会があればご覧になって下さい。
nice!&コメントありがとうございました。
by hash (2008-09-01 21:39) 

Yakoha

こんにちは。
私もこれ観ました。なんか、いろんな要素を詰め込みすぎて焦点が合わない感じがしました・・・ジェット・リーが変身したときは(ネガティブな意味で)びっくりしました。なんとなく・・・ジェット・リーがもったいない。(笑;)
by Yakoha (2008-09-05 00:53) 

hash

Yakohaさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
>ジェット・リーが変身
意味がわからないですよね。変身直前にJ・リーの顔が3つアップになるところでは、つい笑ってしまいました。
>ジェット・リーがもったいない。
私も最初はJ・リーの使い方を間違えていると思ったのですが、よくよく考えてみるに、J・リー自身がカンフーばかりの役柄にするのを嫌がったのではないかと思うようになりました。以前、「もう武侠映画には出ない」と言っていましたから。
by hash (2008-09-05 21:58) 

オカピー

TB有難うございました。

昔から言っているのですが、CG時代になってイメージ優先で映画を作る傾向があってストーリーがなおざりにされることが多くなりましたね。本末転倒の極み。本作なんかは典型で、だから、ああいうジェット・リーの使い方になる。仰るようにCGの無駄遣い。
ついでに、ジェット・リーとミシェル・ヨーの無駄遣い。

>邦題
日本の配給会社もまさか第3作の舞台が中国になるとは夢にだに思わなかったでしょうね。
オリジナルである1932年「ミイラ再生」と同じ題名"The Mummy"にした原題では、その点、「ミイラ」という抽象性故に、どこを舞台にしても悩む必要がありません。下手に具体的な名詞をタイトルにすると困ることが出てくるという良い教訓になったでしょうか。(笑)
by オカピー (2009-07-25 10:46) 

hash

オカピーさん、こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。
CGで様々な映像を見ることができるようになったのは、結構なことですが、ストーリーが疎かになっては困りますね。
>"The Mummy"にした原題
細かいことを言うと、本作にミイラは出てこないですよね。^^
by hash (2009-07-25 21:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 14