So-net無料ブログ作成

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い [タイトル:ハ行]

The Hangover (2009年)
監督:トッド・フィリップス
出演:ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィナーキス
hangover.jpghangover.jpg
ラスベガスでのバチェラー・パーティの翌日、前夜の記憶が全くない3人組が、消えた花婿を探すべく、街中を奔走するコメディ。

2009年の全米で2億7千万ドルを超える大ヒット作ながらも、日本では一旦DVDスルーが決定していたが、ゴールデン・グローブ賞受賞を受けて一転、公開の運びとなった曰く作。

とんでもない結果を先に見せ、わずかな手がかりを元に、何があったのかを解明していくというミステリー形式の構成により、予想外の出来事が面白おかしく展開し、事前の期待を裏切ることもなく、終始楽しむことができる作品であった。
決して大爆笑を呼ぶような内容ではないが、かつて、「スクリーム」がホラー映画にミステリー要素をプラスして成功したように、コメディ+ミステリーという新たな試みが、リメイクや続編ばかりで辟易していた観客の心をつかみ、成功へと導いたのではないかと思う。
もっとも、他のアメリカン・コメディ同様、日本人のハートは掴めなかったようで、上映館が少ない割には、映画館はかなり空いていた。

少々、下品でもあるので、万人向けではないが、アメリカ映画が嫌いでなければ、一見の価値はあるだろう。

nice!(13)  コメント(12)  トラックバック(20) 
共通テーマ:映画

nice! 13

コメント 12

丹下段平

これ観ました。
アメリカ人ならでは、って印象です。
by 丹下段平 (2010-07-11 10:10) 

コッスン

コメディで、バカらしかったけど
面白かったです。
ダグがどこに行ったのか心配でした・・・

例のレポメンですが、以外と面白いと思いました。
(シャッターアイランドほどではないが)
hashさんはご覧になりますか?

by コッスン (2010-07-11 14:48) 

トミュウ

わたしが見に行った時は結構お客さんが入っていました〜。
こういう作品は、本当に待っていた!という人が最初にだだーっと
来て、そこから先は微妙なのかも知れないですね・・・。
ミステリー要素の話が良く出来ていて、もちろんたくさん笑えて、
とても楽しめました!
by トミュウ (2010-07-11 18:07) 

テンプラ・ソバ・ニーロ

>一見の価値はある
確かにそう思います。
しかし、曰くをつけてもヒットしないのでは、アメリカ製コメディ受難の時代はまだ続きそうな感じがします。
by テンプラ・ソバ・ニーロ (2010-07-11 21:13) 

hash

丹下段平さん、こんばんは。
日本だと二日酔いで記憶がないまでならありですね。
by hash (2010-07-12 00:15) 

hash

コッスンさん、こんばんは。
期待を裏切らない楽しい作品でした。
>レポメン
観ましたが、あまり楽しめませんでした。^^;
by hash (2010-07-12 00:20) 

hash

トミュウさん、こんばんは。
>そこから先は
あくまで洋画ファンしか観ないから、口コミで拡がることはないということなのでしょう。

今後、似たような構成のコメディが増えそうですね。
by hash (2010-07-12 00:24) 

hash

テンプラ・ソバ・ニーロさん、こんばんは。
コメディに限らず、旬のスター俳優or有名監督以外の作品は全て未公開になる日もそう遠くないような気がします。
by hash (2010-07-12 00:27) 

もももんがが

面白そうですね!バカ映画なら私向きかな?
チェックさせていただきます!
by もももんがが (2010-07-13 13:05) 

hash

もももんががさん、こんばんは。
アメリカン・コメディが嫌いでなければ、楽しめると思いますので、機会があればご覧になってみてください。
by hash (2010-07-14 01:25) 

ジジョ

わたしは期待以上に楽しめちゃいました♪
構成、フリ、オチがしっかりしてて、
すばらしいコントを観た気分です ^^
by ジジョ (2010-07-15 02:21) 

hash

ジジョさん、こんばんは。
最近は、サスペンスよりもコメディの方が構成がしっかりしていますが、本作は改めてそれを証明してくれたような作品でした。
公開されて良かったですね。
by hash (2010-07-15 23:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 20