So-net無料ブログ作成
検索選択

シャッター アイランド [タイトル:サ行]

Shutter Island (2010年)
監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー、マックス・フォン・シドー
shutterisland_2.jpgshutterisland.jpg
1954年ボストン沖の孤島にある精神病犯罪者収容施設に、ある患者の失踪事件の捜査に赴いた連邦捜査官の姿を描くサスペンス。

早い話が「シックス・センス」と同様の“主人公が実は・・・”というどんでん返しサスペンスなのだが、その種の作品であることを、宣伝の段階で声を大にして教えてくれるものだから、最初から斜に構えて観ることになり、肝心の主人公の正体にも序盤で気付いてしまう。
もっとも、近年の洋画の宣伝は洋画ファンではなく、普段は洋画を観ない人に向けて行なわれていることを一応理解している(納得はしていない)ので、本作のようなキャッチセールス紛いの宣伝をする作品にスリルやサスペンスを楽しめるとは端から期待していない。

という訳で、本作への興味は、「ミスティック・リバー」「ゴーン・ベイビー・ゴーン」のデニス・ルヘイン原作の全米ベストセラー小説の映画化であるという一点に絞られていた。
その過去2作では、ミステリーとしてよりも、児童虐待というテーマが印象深い良質の作品だったように、本作にも同様のテーマが背景としてある。しかし、“親がわが子を殺す”という悲劇については、日本では昔から珍しくもない出来事ということもあり免疫できているのか、その衝撃も小さく、過去2作のような印象深さは残らなかった。

映画本編とは関係ないことだが、上映中に途中退席離席する人が20人位いて気が散って仕方なかった。映画の細部に目を凝らせと言っている作品で、何を考えているのかとも思うが、連れに無理矢理つきあわされただけで、元より映画鑑賞には興味のない人達なのだろう。これもろくでもない宣伝の弊害である。同時に、宣伝が功を奏していることの証明でもあるのだからたまらない。

という訳で、映画は楽しめなかったので、半年前に購入したままの原作を読むことにして、面白かったら、超日本語吹替え版とやらを観てみようと思う。




シャッター・アイランド (ハヤカワ・ミステリ文庫)

シャッター・アイランド (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 作者: デニス ルヘイン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2006/09
  • メディア: 文庫


原作は映画とほぼ同じ内容で、大きな違いはラストの主人公のセリフがあるかないかくらいであり、つまり、主人公が正気を取り戻したか否かというだけである。
とても平坦な文章なので、根本的にサスペンスやスリラーというものではないことがわかる。
作者の狙いは何かというと、おそらく、精神病犯罪者の取扱に対する問題提起ではないかと思う。
心を病むなんてことは誰にでも起こりうることで、ましてや、人を殺めるなんてことをする者はどこかしら病んでいて当然で、それを精神病だからと別に扱うのは間違いだと言うことではないだろうか。

それを踏まえて、<超>日本語吹替え版を観た。
全てを知った上で観ると、ナンセンスな話に思えて仕方ないが、実際には精神病治療にロールプレイングゲームを活躍することはあるらしい。
アメリカの精神科医ジェイコブ・モレノが1930年頃に創始した集団心理療法の一種で、一般にサイコドラマ (Psycho drama)と呼ばれているようだ。
本作では、そうした事実を極端にアレンジしているわけだが、映画においてはとりたててメッセージのようなものは感じられず、M・スコセッシ監督は映像のお遊びをしているようにしか思えないので、あくまでエンターテイメント映画ということであろう。
全米公開が昨年10月から今年2月に変更された理由もオスカーを狙うような作品ではないという判断からではないだろうか。
そう考えると、あの馬鹿馬鹿しいと思われた宣伝も、あながち的外れでもないなぁと思い始めた。
ということで、個人的基準から言えば、本作は映画というより、一種のアトラクションであるというのが2度目の鑑賞で得た率直な感想である。
nice!(16)  コメント(28)  トラックバック(33) 
共通テーマ:映画

nice! 16

コメント 28

バラサ☆バラサ

キャッチセールスですか。
まあ、JAROに報告したいような予告ですよね。

by バラサ☆バラサ (2010-04-19 02:46) 

もももんがが

やはり悪い意味での過大広告でしたか。
ああいうキャッチコピーは真実をより見出しにくくしているとしか思えませんね。
「期待させる」にも「期待しすぎる」のも映画を見るにあたり大半が弊害となることが多くて、CMが多いと逆に見る気を失うこともしばしばです。
by もももんがが (2010-04-19 12:03) 

ジジョ

わたしが観た映画館では、
ロビーで大声で結末を話してる人たちがいて
「あーーー☆いまから観る人がそこにいるのにーー」
って思いましたw あれ聞いちゃった人かわいそう、、^^;
by ジジョ (2010-04-19 20:17) 

duke

途中で席を立つのは、映像が耐えられないからだと思う。
私も辛かった。ここから出して位の勢いで。
でも、映画は面白かった。
映画がよすぎて、原作の表現力のなさが惜しかったです。
この映画はこころの映画だから、ヒューマンドラマを読み込まないと、
というかそこに興味がないと面白くないような気がします。
だから、なおさらこの宣伝は的外れですね。

by duke (2010-04-19 22:21) 

hash

バラサ☆バラサさん、こんばんは。
「シックス・センス」の成功をきっかけに悪しき習慣が出来てしまいました。
なるべく、雑誌やTV、Netの宣伝は見ないようにしていますが、映画館の予告編ばかりは見ないわけにもいかず、何かいい方法はないものかと思います。
by hash (2010-04-19 22:22) 

hash

もももんががさん、こんばんは。
映画を純粋に楽しみたい人にとっては迷惑意外の何物でもないですが、そうでない人には、映画館へ行くきっかけとなるわけですから、悔しいですが、我慢するしかないです。
そうでないと、ますます、洋画の未公開が増えるので・・・。
by hash (2010-04-19 22:26) 

hash

ジジョさん、こんばんは。
>結末を話してる人たち
普段は映画館には来ない人達なのでしょうね。
映画館が学級崩壊状態で参ります。^^
by hash (2010-04-19 22:29) 

シムウナ

TB有難うございました。
過剰な宣伝に踊らされることなく
映画を観賞してきました。
ラストのオチに関しては、似たような映画を
過去に観てきたので驚きはなかったですが、
ラストの台詞がインパクトがありました。
この映画は真相を知ってから、事実を
確認していく楽しみ方がありますね。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

by シムウナ (2010-04-19 23:39) 

hash

dukeさん、こんばんは。
>映像が耐えられないから
すみません。使う言葉を間違えました。退席ではなく離席でした。^^;
皆さん、すぐに戻ってきたので、トイレか携帯だと思います。
>原作の表現力のなさ
原作は面白くないのですか。
とりあえず、GW中に原作を読んでみます。

by hash (2010-04-20 00:05) 

hash

シムウナさん、こんばんは。
私はまだまだ修行が足りないようです。^^
過剰な宣伝に踊らされることのないよう気をつけたいです。
by hash (2010-04-20 00:07) 

クリス

「ミスティック・リバー」と「ゴーン・ベイビー・ゴーン」は大好きなんですけどね、
この作品は、そういえば子供のエピソードが薄かったです。
なんかなぁ、最後に明かされる謎にばかり力が集まってしまってて、
もっとみせかたはあったのに・・・って。残念な感じでした。
by クリス (2010-04-20 06:18) 

かかとう

>離席する人が20人位
は、さすがにちょっと多い気がします。
興味の無いものにつき合わされるとそういう事になってしまうものなのでしょうけど、さすがに20人もいて、その上目の前を通られたりしたらイライラしそうです。
映画館で映画を観るとどうしても運が悪い時がありますが、それでもやっぱり映画は映画館で観たいものです。
by かかとう (2010-04-20 20:31) 

hash

クリスさん、こんばんは。
前の2作と比べると、ドラマのパートが弱かったですね。
原作ではどうなのか、検証してみたいと思います。
by hash (2010-04-20 22:26) 

hash

かかとうさん、こんばんは。
満席でもないのに、この有様でしたから参りました。
座席選びも重要です。^^
>やっぱり映画は映画館で観たい
そうですね。
by hash (2010-04-20 22:30) 

duke

面白くないって言うか、映画以上のものはないかも??^^;
この映画の方が良く表現されているし、感情移入できるように思いました。
なんというのか・・・映像の方がイマジネーションがわく感じかな?
でも感じ方は違うかも知れないから、読んでみてくださいね!
もちろん、映画には含まれない、補足するような説明もあります。
by duke (2010-04-20 22:30) 

hash

dukeさん、こんばんは。
そうなのですか。
とりあえず、読みます。
そして吹替え版を観てみます。

by hash (2010-04-21 23:04) 

トミュウ

こんばんは。
この映画、確かに宣伝が微妙だったな〜という気がします。
やはり構えて見てしまいますよね・・・わたしもそうでした。
原作も気になりますね。
by トミュウ (2010-04-23 23:24) 

coco030705

こんばんは。
私はTVの宣伝はほとんど見ていなかったので、とても楽しめました。
宣伝はみないほうがいいかもしれませんね。
by coco030705 (2010-04-23 23:57) 

hash

トミュウさん、こんばんは。
映画ファンには逆効果な宣伝でしたね。
M・スコセッシ&L・ディカプリオなら、映画ファンには宣伝は不要ですから、このような第三者向け宣伝になるのも仕方ないです。
by hash (2010-04-23 23:58) 

hash

coco030705さん、こんばんは。
私もTVCMは見ていないのですが、映画館で予告編を何度も見てしまったので、「シックス・センス」と同じ種類の映画だと薄々わかってしまいました。
by hash (2010-04-24 00:02) 

コッスン

hashさんGW開けに
もう一回見に行きますか?
私ももう一回見る予定ですが
確認して欲しいシーンがあるんですけど。
あまり言うとネタバレになってしまうかもしれないので・・・

レディスを探して墓場にいって
嵐になり、竜巻だ、建物に入れ、こっちだ
ってチャックに言われて
教会のような建物入った時の
チャックの上着の襟元のしぐさというか
チャックの行動です。
よろしくお願いします。

by コッスン (2010-04-24 23:04) 

hash

コッスンさん、こんばんは。
>もう一回見に
と思っていましたが、現時点で上映回数が減っているので、GW明けには終わっているのではないかと思います。^^
>チャックの行動
そんな細かい点まで重要な作品だったんですね。

by hash (2010-04-25 22:38) 

コッスン

えーーマジすか。
私も4回目見たいけど、まだ終わらないよね。
ミチカさんのイラスト見直したら
小道具にタバコって書いてあったので
そのシーンも、しっかり見たいんだよね。
上に書いたシーンは
チャックが襟に隠しピンマイク
使ってるように見えたけど
確信が持てなかったから行くなら見てほしかったんだ。

細かいとこを見落とすと
本来監督が描きたい作品と別の方向へ
持ってかれてしまう
そういう作りなので、細かい動作も見逃すと
アウトなんです。

私もまだ確信が持てません。


by コッスン (2010-04-27 15:49) 

てくてく

あの宣伝の仕方はいかがなもんでしょう^^;
謎解きが映画の言いたいことではないですよね。
“目を凝らして・・・”云々も途中で投げ出しました(苦笑)
そんないらぬ事をしてくれなくても、
十分面白く鑑賞したんですけどね^^
by てくてく (2010-04-27 21:03) 

hash

コッスンさん、こんばんは。
>まだ終わらない
終わらないとは思いますが、上映回数は1日1回とかになるのではないかと思います。
>そういう作り
そういうことなら、連休前に見ておいた方がよさそうですね。
by hash (2010-04-27 22:11) 

hash

てくてくさん、こんばんは。
映画ファンには大きなお世話な宣伝でしたね。
いろいろあって、あまり楽しめなかったので、吹替え版で再チャレンジしようかと思っています。
by hash (2010-04-27 22:14) 

aneurysm

遅れ馳せながら、落ち着いたので
やっと見ました。

元々”病んでます”系は好きなのと
スコセッシ監督らしさも自分的には感じられて良かったです。

ただ・・始まる前の”脳は都合の良い方に・・”
は何でしょうか?
配給会社の人は大丈夫か?心配になりました。
by aneurysm (2010-05-08 08:25) 

hash

aneurysmさん、こんばんは。
GW中に原作を読みました。
原作を読む限りでは、本作の売りはどんでん返しなんかではなく、精神病患者と犯罪に対する問題提起ではないかと思います。
その確認も踏まえて、日本語吹替え版で見直そうと思っています。
by hash (2010-05-08 17:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 33