So-net無料ブログ作成
検索選択

戦うフルCGアニメ [3連発!]

カンフー・パンダ
Kung Fu Panda (2008年)
監督:マーク・オズボーン&ジョン・スティーブンソン
声:ジャック・ブラック、ダスティン・ホフマン、イアン・マクシェーン
kungfupanda_2.jpgkungfupanda.jpg
中国カンフー映画をモチーフに、動物をキャラクターに仕立てた作品で、運命によって“龍の戦士”に選ばれたパンダのポーが、谷の平和を守る為、悪のユキヒョウ戦士タイランと戦うという話。
愛くるしい腹ボテパンダの動きを見ているだけでも楽しいが、ただのカンフーマニアが特技(本作では食い意地)を利用した独特の特訓により強くなるという初期のジャッキー・チェン映画を思い起こさせるストーリーがそれに拍車をかけている。
続編の製作が決定しているようだが、公開は2011年予定と少し先になる模様。

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ
Star Wars: The Clone Wars (2008年)
監督:デイヴ・フィローニ
声:マット・ランター、ジェームズ・アーノルド・テイラー、アシュリー・エクスタイン、トム・ケイン
clonewars.jpgclonewars.jpg
「スター・ウォーズ」エピソード2の終盤でチラッと描かれたクローン戦争の詳細を描く。
エピソード3の公開前にもアニメが作られており、それは橋渡し的エピソードと考えれば良かったが、本作は、エピソード3の後に作られたもので、わざわざ振り返って描くほどの内容とは思えなかった。
「スター・ウォーズ」ファンにとっては、クローン戦争はそんなに興味深いものなのだろうか。
どうせなら、アニメでも構わないので、エピソード7~9を作って欲しいものだ。

ミュータント・タートルズ -TMNT-
TMNT (2007年)
監督:ケヴィン・マンロー
声:ジェームズ・アーノルド・テイラー、ノーラン・ノース、ミッチェル・ホイットフィールド、マイキー・ケリー
tmnt_1.jpgtmnt_2.jpg
突然変異で誕生した4人(匹)の亀忍者の活躍を描く日本未公開作品。
TMNTとは“Teenage Mutant Ninja Turtles”の略で元はアメリカの人気コミック。
90年代に実写版が3本作られており、日本でも公開された。
日本ではヒットしなかったので、知っている人も少ないだろうが、アメリカでは根強い人気を維持しているようで、その後もTVアニメの放映が続いている。
そして、最近のアメコミ・ブームに乗り、新たに映画が製作されるようだ。
それにしても、何故、亀なのだろう?

カンフー・パンダ スペシャル・エディション [DVD]

カンフー・パンダ スペシャル・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD



スター・ウォーズ / クローン・ウォーズ 特別版 [DVD]

スター・ウォーズ / クローン・ウォーズ 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



ミュータント・タートルズ -TMNT- 特別版 [DVD]

ミュータント・タートルズ -TMNT- 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



nice!(9)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 6

duke

蛙とか亀とか、なんか日本とは立ち位置が随分違いますよね。。
という私も小さい時、亀のぬいぐるみを買ってもらいました。(アメリカで)
体が黄色で甲羅が青、青いベレー帽の可愛い亀でした。
亀、愛されキャラかも?
by duke (2009-09-18 15:55) 

hash

dukeさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
動物キャラはかわいいものが多いかと思いますが、忍者亀はよくよく見ると、かなり不気味です。^^
by hash (2009-09-18 21:31) 

CORO

なぜ亀に格好良さを求めるのか。
そのアメリカンな発想は謎ですね。
by CORO (2009-09-19 21:30) 

hash

dukeさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
忍者の術に亀に関するものがあるのでしょうか。
何気に、忍者ネタについては、日本人よりアメリカ人の方が詳しいような気がします。^^
by hash (2009-09-19 22:37) 

オカピー

アメリカでは現在結構なカンフー・ブームのようですね。
で、出てくるのはオタクというのが相場。
「カンフー・パンダ」でジャック・ブラックがパンダの声を当てているのは、やはり「スクール・オブ・ロック」以来彼にオタクっぽい雰囲気ができたからでしょうか。
by オカピー (2009-09-27 00:34) 

hash

オカピーさん、こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。
ポーはJ・ブラックの見た目通りのキャラクターでしたね。
声を担当した俳優で実写で作っても面白そうです。
by hash (2009-09-28 00:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。