So-net無料ブログ作成

日本劇場未公開作品(女優編) [3連発!]

近年は、有名俳優が出演しているだけでは、劇場公開には結びつかないようで、本国での興行成績や映画の中身そのものが問われるようになった。
視聴契約をしているWOWOWで放映されるので観る機会があったが、そうでなければ、存在さえも知らなかったであろう。

マーゴット・ウェディング
Margot at the Wedding (2007年)
監督:ノア・バームバック
出演:ニコール・キッドマン、ジェニファー・ジェイソン・リー、ジャック・ブラック
疎遠だった妹が再婚することになり、久しぶりに帰省した姉が計らずとも様々な騒動の引き金になるという話。
姉妹の育った環境に問題があるのか、姉が家庭の問題を当り散らしているのか、とにかく、登場人物は何かしら問題を抱えており、それらの問題が解決しないまま映画も終わるので、何を描きたかったのかよくわからない。
それが、現実と言えばその通りなのだが・・・
監督のN・バームバックは実体験を反映させたと言う「イカとクジラ」を撮った人だが、本作も同様だとすれば、何かと問題のある家庭で育ったと思われる。
margotatthewedding.jpginthelandofwomen.jpg
ランド・オブ・ウーマン/優しい雨の降る街で
In the Land of Women (2007年)
監督:ジョナサン・カスダン
出演:アダム・ブロディ、クリステン・スチュワート、メグ・ライアン
祖母の世話をするという名目でミシガン州郊外の街にやってきた失恋男が心に問題を抱える隣人母娘との交流を通し、共に再生するまでを描く。
世代も性別も異なる者同士が(敬語を抜きにして)普通に交流する模様には、どうしても違和感を覚えざるを得ないが、何事もきっかけが大事ということであろう。
出演作の日本公開が途絶えて久しいM・ライアン、今後が期待される「トワイライト」のK・スチュワート、祖母役のオリンピア・デュカキスとタイトル通り、女優の好演が作品の支えとなっている。
ちなみに、監督のJ・カスダンは80~90年代に活躍したローレンス・カスダンの息子とのこと。

NOセックス、NOライフ!
Trust the Man (2005年)
監督:バート・フレインドリッチ
出演:ジュリアン・ムーア、デビッド・ドゥカブニー、マギー・ギレンホール、ビリー・クラダップ
trusttheman.jpgtrusttheman_2.jpg
2組のカップルの恋愛事情をコミカルに描いたドラマ。
所謂、アラフォー世代の男女2組(結婚&同棲中)が倦怠期を向かえ、別れ、また元の鞘に戻るまでを、下ネタを交えながら描いているが、退屈な話で、未公開も妥当かと思う。
そんな中、D・ドゥカブニーがSEX依存症の夫役(妻役がJ・ムーア)なのが、現実とダブり笑える。
ちなみに監督・脚本のB・フレインドリッチはJ・ムーアの夫らしいが、実体験を反映しているとしたら、彼も・・・


マーゴット・ウェディング [DVD]

マーゴット・ウェディング [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD



ランド・オブ・ウーマン/優しい雨の降る街で [DVD]

ランド・オブ・ウーマン/優しい雨の降る街で [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



NOセックス、NOライフ! [DVD]

NOセックス、NOライフ! [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 2

duke

最後のは Trust the manなんですね。
その邦題って!笑
邦題の方が合ってそう。

by duke (2009-09-06 16:07) 

hash

dukeさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
未公開作だけに、邦題でインパクトを付けておこうという感じですね。
by hash (2009-09-07 00:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0