So-net無料ブログ作成
検索選択

地球が静止する日 [タイトル:タ行]

The Day the Earth Stood Still (2008年)
監督:スコット・デリクソン
出演:キアヌ・リーブス、ジェニファー・コネリー、ジェイデン・スミス、キャシー・ベイツ
earthstoodstill_2.jpgearthstoodstill_1.jpg
1951年作「地球の静止する日」のリメイクで、地球を守る為にやってきた宇宙人の姿を描くSF映画
世間の評判はあまり良くないようだが、個人的にはなかなか面白かったと思う。

環境破壊に対する警告をテーマに、昨年多く見られた終末映画の取りを飾るかのごとく、「人類が滅亡すれば地球は救われる」と唱える宇宙人クラトゥの言葉は、自然を破壊し、幾多の生物を絶滅へと追いやった人類の1人として、心に突き刺さる。
それに対し、バラク・オバマのごとく、「We can Change」と連呼する女博士ヘレンの言葉は、地球が悲鳴を上げていると認識していながら、その対策の実行を渋る政府の国民としては、心に空しく響くだけである。
ヘレンやクラトゥと行動を共にするうちに心変わりをする少年ジェイコブを見て、クラトゥも考えを変え、ヘレンの言葉を信じてみることにしたという設定からは、子供の時のように素直な心で考えれば、問題はもっと簡単に解決すると言われているように感じる。
国務長官の「我々の地球=Our Planet」という言葉を否定するクラトゥの言葉が本作の最重要メッセージであると思われ、人類はもっと謙虚にならなければならないと教えられる。

古典映画のリメイクとは言え、21世紀のSF映画としては映像的に目を見張るような凄いシーンがあるわけではなく、その辺りが世間では期待はずれだったのかなと思う。
そんな中、一番の見所と言える、予告編にも使われていたトラックやスタジアムを粉々に粉砕してしまうシーン(その物の正体には少々興醒めだった)は迫力があり、滅びの美学を見せてもらった。

K・リーブスはこういう無機質な役がよく似合い、J・コネリーは昔と変わらず美しく、J・スミスはいい意味での憎たらしさがよくでていて、ウィル・スミスの息子だけに生まれながらの役者という感じがした。
映画はほぼ、この3人で構成されており、作品の壮大なテーマに負けず好演していたと思う。
nice!(10)  コメント(17)  トラックバック(24) 
共通テーマ:映画

nice! 10

コメント 17

duke

観たいと思っていて・・・せっかくの記事は流し読みさせていただきました。でもよさそうっていう感触はわかりました^^ リメイクとは知りませんでした。見たらまた来ます!^^
by duke (2009-01-10 01:37) 

aneurysm

私は正直、前半の展開は良かったのですが
話がイマイチ好きになれまでんでした。
キアヌさんの演技は流石だと思いました。
by aneurysm (2009-01-10 08:24) 

masktopia

私もあまり高い評価をつけなかった一人ですが、
それでも気になって見に行ってしまったのは
この作品に無視できないテーマ性があったからだと思います。
アル・ゴアの「不都合な真実」に込められたメッセージを
宇宙からの警告という形でシンプルにわかりやすく映像化した点は、
もう少し評価してもよかったかな・・・と今になって思ったりもします。
キアヌの無機質な感じは期待通りでとてもよかったです。

遅れましたが、今年もどうぞよろしくお願いします。
by masktopia (2009-01-10 11:36) 

hash

dukeさん、こんにちは。
nice!&コメントありがとうございます。
世間の評価は低めですから、あまり期待をせずにご覧ください。^^
by hash (2009-01-10 17:28) 

hash

aneurysmさん、こんにちは。
nice!&コメントありがとうございます。
K・リーブスは喜怒哀楽の少ない役を敢えて選んでいる感じですね。
本作でも、心情の変化をうまく演じていたように思いました。
by hash (2009-01-10 17:32) 

hash

masktopiaさん、こんにちは。
コメント&TBありがとうございます。
娯楽作としては物足りないし、社会派作というわけでもないので、世間の評価が低いのも理解できます。
私も、メッセージを簡潔に伝えた点が気に入ってます。
by hash (2009-01-10 17:36) 

pandahead

hashさん仰る通り、キアヌ・リーブスは無機質な役が似合いますよね。
マトリックスって、ウォシャウスキー兄弟の当初の予定では、主役はブラピかディカプリオだったとか。
キアヌ・リーブスでよかったと思います^^;
by pandahead (2009-01-10 18:52) 

hash

xml_xslさん、こんばんは。
nice! ありがとうございます。

takemoviesさん、こんばんは。
nice! ありがとうございます。

たねさん、こんばんは。
nice! ありがとうございます。

shinさん、こんばんは。
nice! ありがとうございます。
by hash (2009-01-10 21:33) 

hash

pandaheadさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
ブラピやディカプリオのマトリックスは想像できませんね。
キアヌ・リーブスの「フェイク・シティ」が楽しみです。
by hash (2009-01-10 21:37) 

u4

オリジナル版のDVD(白黒!)を持っていますが、たんたんと物語が進むので妙にリアリティーがあります。
地球の回転が止まるという壮大なSFをよくこの時代に製作したなぁと感心しました。
by u4 (2009-01-10 23:45) 

Labyrinth

(^_^)ノ こんばんは。
私はこれを見てからどうもスッキリしないので、気になっていたオリジナルを鑑賞したのですけれども、古い映像ながらも、ストーリー的には なんかとても納得しました。
オリジナルを踏まえた上で、もう一度観てみると また違った評価になるのかな?とも思えてきました。(笑)
by Labyrinth (2009-01-11 00:09) 

てくてく

長官の言葉を否定するクラトゥのタイミングがピタリとはまってました。
あのシーンは結構、残りますよね^^
確かに、もっと謙虚であるべきなのかも、そう思います。
by てくてく (2009-01-11 02:50) 

hash

u4さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
残念ながらオリジナルは見たことがないです。
本作では地球は制止しないので、原題をそのまま訳した方がよかったのではないかと思います。
by hash (2009-01-11 23:37) 

hash

Labyrinthさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
オリジナルは未見なので、ぜひ観てみたいです。
一般に、リメイクはオリジナルと比較するといろいろな面で興味深いですね。

by hash (2009-01-11 23:45) 

hash

てくてくさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
印象的なシーンでしたね。
予告編でも使われていたシーンですが、本来の見所と言えるVFXシーンよりも心に残りました。
by hash (2009-01-11 23:53) 

オカピー

最近忙しくて、TBを戴いてもTB返しだけでなかなかコメントができずに失礼致しております。ちょっと時間ができましたので、お寄り致しました。

hashさんも認められていらっしゃるように、それほどつまらない作品ではないです。
不幸にもオリジナルを観ていた僕は先の展開が解っているので、積極的に関心を持てないという意味で“退屈”しましたが、僕の短からぬ映画歴の中で観た宇宙人来襲ものの中でも中の上くらいの出来栄えではありました。

古い人間につきVFX(CG)より貧相でもSFX(特撮)のほうが好きですが、マシン・バグによるスタジアム食いつくしなど見応えありましたね。
実写と言いながらあの場面はフルCGなわけで、そう考えるとアニメを観ているのと変わらない寂しさがありますが。
by オカピー (2010-03-07 16:25) 

hash

オカピーさん、こんばんは。
>失礼致して
その点につきましては、私も同様で、失礼致しております。

リメイクの評価はハードルが高いですから、よほど出来が良くないと酷評されてしまいますね。
その意味では、オリジナルを観ていない方がいいのかもしれません。
CGはさりげなく使ってもらえるとうれしいですが、これみよがしは良くないですね。
by hash (2010-03-07 21:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 24