So-net無料ブログ作成
検索選択

パンズ・ラビリンス [タイトル:ハ行]

Laberinto del fauno, El (2006年)
監督:ギレルモ・デル・トロ
出演:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ
panslabyrinth_2.jpgpanslabyrinth.jpg
ゲリラとの戦いが続く、内戦終結後のスペイン山間部にやってきた少女が体験する物語
2006年の各映画賞を賑わせ、G・デル・トロの名を一躍に有名にした作品
ゲリラ追討を指揮する非情な大尉を中心とする現実世界の話と絵本好きの少女が中心の空想世界の話が平行して描かれるが、その比率は3:1位で、現実世界の話が多くを占めている。
その現実世界の話がレジスタンスを描いた昔の戦争映画のような感じなので、世間でダーク・ファンタジーと形容されていることには違和感を感じる。
同じ国の人間同士が殺しあう内戦は、最も悲惨な戦争の形態と言え、その悲しい歴史の一部を描いたドラマにそんな時代に生まれ育った不幸な少女の夢物語をプラスしたと言ったところで、ドラマとファンタジーを融合させて、きれいにまとめており、その点が評価されたのだろうと思う。
全編を通し、ハッピーエンドは期待できないような暗い雰囲気に包まれていることが、先の予測を困難にしていて、最後まで画面に集中させられるが、終わってみるとそんなに新しさを感じる内容ではないので、世間で評価されているほどの出来栄えとまでは思わない。
nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 7

Yakoha

こんにちは。
私もコレ、期待して(東京で)観たのですが、立見で疲れたせいか(笑;)巷の評判ほど?の作品だとは思えませんでした。(面白かったんですけどね。)ラストシーンも、夢ではハッピー現実はXXX、というような、実は夢だったんじゃないか?とも疑っています。。。
by Yakoha (2008-11-15 00:10) 

hash

Yakohaさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
前評判が高いと、どうしてもハードルが高くなってしまうので、評価も厳しくなってしまいます。
>実は夢だったんじゃないか
私もそういうことだと解釈しました。
by hash (2008-11-15 00:21) 

hash

xml_xslさん、こんばんは。
nice! ありがとうございました。
by hash (2008-11-15 00:21) 

duke

見ましたーー。
何はともあれ、映像がきれいだとは思ったのですが、想像以上にエグすぎてかなり疲れました。思い出しても胸が痛いですねー。。。。。
最後の解釈は、イマイチ良くわかりません。夢だと、悲しすぎて。うー。
by duke (2008-11-16 02:52) 

てくてく

こんにちは~^^
私はこの作品、相当怖かったけど良かったです。
想像力ってすごいな、と
その力の持つ摩訶不思議な世界に引き込まれました。
最後のところは結局、夢であったと、私も思いました、辛いけど。
by てくてく (2008-11-16 09:20) 

hash

dukeさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
予想以上にシリアスなので、ファンタジーという感じではないですね。
内戦は酷であるということが言いたかったのだと思います。
by hash (2008-11-17 00:41) 

hash

てくてくさん、こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
G・デル・トロ独特の世界観には引き込まれますね。
残酷な時代の幸せな夢物語という感じでした。
by hash (2008-11-17 00:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1